FC2ブログ

The Adventures of Pinocchio / ピノッキオの冒険

このメロディ、覚えていますか?



あのメロディが今でも忘れられなくて、
前から検索していました、Googって、wikiって、ようつべって、
やっと見つかりました。

私が、10歳くらいの頃ですかね、
確か、NHKで放映していた外国のテレビシリーズでした、たしか、、、

ピノキオという有名なお話、と言えば、
1940年2月7日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオによる長編アニメーション映画。
原作はカルロ・コッローディ作の童話『ピノッキオの冒険』
可愛くて優しいディズニー映画のイメージであったし、

pinokkio2.png

「樫の木モック」タツノコプロ制作のテレビアニメのイメージ、
これは、児童文学をアレンジした作品で、
1972年1月4日から同年12月26日までフジテレビ系列局で放送

mokku.jpg


でもなぜか、このイタリア製実写版ドラマ、

寒くて、寂しくて、うすら怖い、

pinokio.jpg


おじいさんの心の思いが実現したのは、夢の話なのか?
木造の人形は、純粋無垢で出来ている
清らかでけがれを知らず、心に邪心がまったくない、
人間、生きて行けば汚れもする、悪にも染まる、
勇気を持って正直で優しい性格になれば人間になれる、、、なんて、

清らかな子供の心を揺るがす、数々の出来事落とし穴、

親愛なる人形であった息子を想う親の気持ちは、
いつしか届かないところへ行こうとしてしまう、、、


テレビドラマ
ピノッキオの冒険(1974年、監督:ルイジ・コメンチーニ)イタリア
全6回 NHKで放送、ジーナ・ロロブリジーダ、ヴィットリオ・デ・シーカが出演、DVD化されています。


ピノッキオの冒険 DVD-BOX

何もかもが新しい出会い、騒動を、、、冒険の始まりである、


そして終盤へ、クジラへ向かう勇気の証し、、


ピノッキオの冒険wiki

以前このようにして探し当てたのが、「汚れなき悪戯」という
1955年製作のスペインのモノクロ作品映画、
マルセリーノの歌が聞きたくて、あの汚れのない少年の心に逢いたくて、、、

この映画は、カミさんにオネダリして、DVDをプレゼントしてもらい、
無事に観ることが出来ました。




この連休中だからこそできた検索でした、
なんかスッキリ! 幼い頃から気になっていたこのメロディ、
今度は、このドラマをどうにかして観たいという、欲求になってしまいました、
いつの日か、フル映像をゲットしたいと思います!!


関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.
マナサビイ  

こんにちは!

ダリルジョンさん、なんと「汚れなき悪戯」がお好きだったんですね。
この映画は、私の母が若い頃に見て以来大好きな映画で、10年ほど前だったかな、一緒に劇場にリバイバル上映(午前十時の映画祭だったかな?)を見に行ったことがあるんですよ。

「汚れなき悪戯」にしても「ピノキオ」にしても、温かさと共に切なさが残るお話ですよね。ピノキオは童話では一応ハッピーエンドですが。「汚れなき悪戯」も幸せな結末といえばそうなのかな。
ついでにフランダースの犬も思い出してしまいます。

奥様、可愛い息子さんとどうぞ良いお正月をお過ごしくださいね!

2019/12/29 (Sun) 22:06 | EDIT | REPLY |   
ダリルジョン
ダリルジョン  

Re: こんにちは!

どうもです~
お互いランダム配信の記事ですけれども。

あの映画は、二つとも私の子供の頃に観た記憶、
とても印象的な、、でも、断片的にしか記憶になく探していました。

あらためて観る喜びとともに、大人になり新しい感性で今の汚れてしまった心で観てみると、
また感慨深いですよね。

マナサビィさん、よいお年をお迎えください、
ご訪問コメ(人''▽`)ありがとう☆ございました!

ではでは、、、

2019/12/30 (Mon) 09:44 | EDIT | REPLY |   
のぶちゃん  

有難うございます!

私も、それこそ何十年も、ふとした瞬間にメロディーが浮かび、忘れないように口ずさみながら何とも言えない感情に支配されてきました。
幼かった自分には、あの独特な世界観は強烈で、以降アニメ化された作品などには違和感さえ覚えていました。
こうしてまた出逢えたこと、同じ様な想いを抱いていた方々がいらっしゃった事に本当に驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に有難うございました。

2020/05/02 (Sat) 20:18 | EDIT | REPLY |   
ダリルジョン
ダリルジョン  

Re: 有難うございます!

> 私も、それこそ何十年も、ふとした瞬間にメロディーが浮かび、忘れないように口ずさみながら何とも言えない感情に支配されてきました。

解ります。その気持ち!!
どうしてそんなに、、? 記憶の中に残っているのか、
子供の頃の記憶は、トラウマ・刷り込まれたかのように、
忘れない心の感情です。

> 幼かった自分には、あの独特な世界観は強烈で、以降アニメ化された作品などには違和感さえ覚えていました。

もう一度観たいという方も結構いるようで、
DVD化されることになり、いろいろと制作側・著作権、、、もめたのでしょうね、
NHKさんは、結構厳しいところがありますから、詳しいことは解りませんが、
いまだに、高価なのもうなずけます。

> こうしてまた出逢えたこと、同じ様な想いを抱いていた方々がいらっしゃった事に本当に驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。
> 本当に有難うございました。

どういたしまして! 共感して下すった方がいらっしゃることが、とても嬉しいですよ!

いつの日か、、、無料配信とまでは無理でしょうけど、
安価で、観られるようになると願いますよね!

ご訪問&コメント頂きありがとうございます!!

2020/05/03 (Sun) 07:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply