FC2ブログ

お前の罪の数を数えろ!

こうやって人生三番目ともいえる、「大連休」
Amazonプライム三昧で、過ごしていますが、
テレビ放映していた、ドラマも鑑賞できるAmazonプライム



先日観た、「民王
私これが偉く気に入りまして、DVD購入も考えましたが、
なんと、新品10000円超え、中古でも5.6000円ですから、
仕方なく、レンタルへ、、、

昨日、ダビング済ませまして、早速家族を巻き込み観賞会

100分DVD4枚、全8話
途中お昼休憩をはさみまして、一気観賞完結です。

このドラマ、何が面白いって、

民王book民王 (文春文庫)

もともとは、、池井戸潤の小説である。
2010年5月にポプラ社より、吉川英治文学新人賞受賞後第1作として刊行された。
2013年6月7日には文藝春秋より文春文庫版が刊行され、高橋一生の解説も掲載。
2015年7月期に、テレビ朝日系でテレビドラマ化された。


設定は、よくありがちな入れ替わり、
総理大臣の武藤泰山と、息子で大学生の翔の人格がある日突然入れ替わってしまう。
混乱を避けるため、周囲には秘密のまま互いの仕事や生活を入れ替わった状態で過ごすことになるが、
翔は政治に全く興味がなく、ろくに漢字も読めないため国会答弁も苦労する状況。
一方の泰山も、就職活動で面接官を偉そうに論破しては不採用になるなど、苦闘することになる、、、一部Wikipediaより

この遠藤憲一扮する総理大臣が武田信玄勝りの剛腕政治家
一方息子役には菅田将暉、今どきの草食男子、

このドラマには、今の日本における、身近な社会問題がちりばめてある。
その切り込み方が、なんとも優しい純粋無垢な切れ味ともいいましょうか、
当たり前のことをできないしずらい世の中を描いています。

大人になってしまった心が、子供の歌に感動してしまったかのようで、
とても、暖かい優しい政治が見えてくるお話でした。

例えば、

経済産業通産大臣の失言
「中小企業の社長は、企業努力が足りないんだ、バカ野郎ー!」
においての総理の弁明で、彼の無二の親友は経営苦難の末自殺してしまった、
大臣になった私は、誰よりも中小企業の企業努力に熱い人頑張っている人を助けたい、
でも、助けられなかったと泣きながら答弁
、、、

設定上入れ替わってしまった息子の就職面接の場では、
銀行の中小企業への貸し渋り問題を取り上げ、
面接官にお前の銀行は節穴?よばわり、
圧迫面接ではないのか?、、、
貸し渋りの定義を説明しろ!、、、
などと公的資金を投入されている銀行の面接官を伐る。
上席を呼び出し、さらに伐る。

1999年、破綻寸前の銀行に公的資金を注入したのはなぜか?
銀行が守るが為に、貸しはがし貸し渋りをすれば、中小企業が路頭に迷うと
政府が判断したから、、、、
自分たちが巨額な赤字を抱え、困った時に平身低頭に金を借りておきながら、
中小企業には、「赤字だと金は貸せない!」と平然と言ってのける。
我々、日本国民の利益のこと本当に考えている判断なのか?、、
反省のない銀行に明日はない!、、、とバッサリ!!

こんなテーマが、コミカルな役回りの人物たちでお話が進められています。

どうしてもコメディタッチなドラマなので、
今の日本の政治の問題点が、注目されにくいのですが、
私には、かなり響きましたね、
一緒に観ていた、カミさんと息子は、どう感じたのかは、? ですが、

知っていればギャグ的なセリフも散らかしてあります、
テレビ朝日系列のドラマなので、仮面ライダー等も、、、

後半、闇組織に介入している党首を追い詰めた時、
「お前の罪の数を数えろ、、、」と仮面ライダーWのセリフが、
菅田将暉、当時Wを演じていたフィリップ君の口から出てきて、
敵の手下たちは、「イィー!イィー!」とショッカーの真似を、、、なんてシーンもある。

脇役の方たちも、いい味出してます。

狩屋孝司ー内閣官房長官
泰山の側近中の側近で、義理と人情の政治家
代々武藤家に仕えてきた、泰山の盟友。通称「カリヤン」。
貧しい家庭に生まれた苦学生から泰山の父の書生となり、政界進出を果たした。
泰山の政策や政局を読む目、行動力などに絶大な信頼を寄せており、「泰さん」と呼んで慕っている。
翔のことも子供の頃から可愛がっており、泰山と翔が早く仲直りしてくれることを強く願っている。
浮気相手だった銀座のクラブのホステスに「赤ちゃんプレイ」をせがんでいたことをマスコミに暴露され、「おしゃぶり官房長官」のあだ名をつけられバッシングを受けてしまう。


貝原茂平ー公設第一秘書
無表情でクールな性格。泰山に対しても辛辣なツッコミをサラリと入れる、慇懃無礼な毒舌家。
有能さは他党にも知られており、蔵本も引き抜きに動いていたが、忠誠心は強いため断った
「秘書たるもの、仕えるのは政治家個人ではなく国民である。」が信念。
伝説の秘書・貝原修平の実の息子。
女性の扱いに慣れていないのか、泰山からは「童貞」呼ばわりされている。

新田理ー警視庁公安第一課警視
ヤクザのように強面だが、絶大な諜報能力と格闘能力を有する優秀な警察官。
泰山と翔の人格入れ替わりの原因を調査している。
自己紹介で「った」と頭にアクセントをつけるなど、口調やイントネーションが独特。変装もしばしば行う。
一部Wikipediaより


他にも国民の問題定義は散らかしてあります。

内戦の国の子供達、日本と世界の子供たちの貧困
日本の学生の就職難、最低賃金
シングルマザーの雇用問題、
学校へ行けない子供たちのフリースクールへの企業援助、

思わず笑ってしまう、思わず泣いてしまう、
楽しく感動してしまうドラマでした。


国会へ向かって夢を叫ぼう、、、!!!


tamiou.jpg
「民王」サイト←キャストはコチラ







関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply