FC2ブログ

7号室 171番 8/21

      あれから、もう一ヶ月になります

      ・・・・・・・・・・
      ・・・・・  

8月21日    この日は、すでに夜中の0時から始まっていることが
          よ~くわかっている・・・

         おそらく、2時か3時頃に眼が覚めて
         それからは、15分から30分おきに眼が覚めていた

         6時頃 電気がつきはじめた
         起床 やっと起きられる
         
         もともと、早起き体質で眠りの短いな私には
         早寝をすると早起きになってしまう
         平均 5~6時間の睡眠で完全熟睡なので
         昨晩は、9時に寝たから ・・・という計算になる

         増してこんな状況 熟睡どころか 
         お尻のヒリヒリが少しでも良くなっていますようにと
         祈りながら眠り、肛門様 どうかお願いします!
         でしたからね

         布団をたたむ
          とりあえず、たたんでおく・・・

         朝の段取りはまだわからないので・・・

         30分ほどして、
         ぞろぞろと何人もの看守の人が現れた
         10人ほどいたであろうか 
         なんで なんだ なにすんだ
         
         施錠が2部屋づつ開けられるようだ
         看守がいっぱい来たのは
         おそらく、4.5人の囚人がフリーに動ける状態になるためだろう

         鉄格子から、みんなの行動をチェックした
         
         布団を元の場所に戻し それから掃除だ
         部屋とその前の通路部分の掃除

         私の部屋の順番が来る

         布団をしまい 顔を洗う 顔を拭く
       
         「うっ!] クサッ!

         最悪じゃ~ 室内干しのタオル 
         生渇きの臭い
         嫌いな匂い ベスト3

         んなことは言ってられず・・・・
         掃除 掃除・・・

         と とまどっていると
         看守の人にやり方を説明された 

         「このホウキで、部屋を掃いて
          こっちのホウキで、部屋の前を掃く
           そして、この雑巾で 部屋の中を拭く
            こっちの赤く印のしてある雑巾で、トイレ掃除・・」

         ひと通り 聞いたところで 掃除を始めた・・・

         部屋を掃いている時 思った・・・
        
         自分の部屋は 一人
         他の部屋は  二人から三人

         手早くやらないと!
         と思い 丁寧かつ迅速 
         手際よく 終わらせた
         ・・・つもりだった
         
         一言注意された
         「トイレ掃除の雑巾は、トイレの水で濯いで・・!」
         
         「はい・・・」

          しまった! 私は顔を洗う洗面所の水道でトイレ雑巾を濯いでいた~

          味噌クソ一緒じゃねーか!

         翌日からは、もちろん 間違えません 丁寧かつ迅速をモットーで


         そんな朝のイベントが終わると
  
         朝食・・・
         あの 例の 薄切り3枚パンのセット
         モロズミのジャムとマーガリン 牛乳 以上
         小さな扉から、わたされた

         まだ飽きてはこない
         でも 絶対飽きるだろう・・・

         入院した時も朝食は毎日毎日パン
         サラダと紅茶が付いているだけ
         6枚切り2枚とジャム・マーガリンだった

         何日間 この朝飯を食わなければならないのか?

         ジャムとマーガリンの配分が難しいいでしょ

         パンは3枚だし
         少しづつ塗ると 手はベタベタになるだろう
         ・・・・・

         この先、この食べ方に毎朝考えさせられるようになるだろう

         牛乳パックの飲み干しと包みなどのごみを小窓からわたす
         
         朝食終了

         詰め込んだパンで まどろんでいると

         また順番に開放される

         今度は?

         順番が来る 施錠が開けられる 

         「7号室開錠!」
         「開錠!」

         施錠が開くたびに毎度毎度声をかける
         このかけ声も もう耳に慣れてきた
 
         私がきょとんとしていると
         
         「運動!」 と言われた

         「??」

         とりあえず、みんなの行くほうへついていく
         30メートルほど通路を歩いていくと
         新聞紙が何枚もひいてあり、汚れた洗面器が3個置いてあった・・・・・?        

          
        
                 
                 
関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply