FC2ブログ

7号室 171番 8/20

 
8月20日 夕方  看守の人がやってきた
            「1週間に一度だけ買い物が出来ます」
            「近くのコンビニにお願いしています」
            「届くのは1週間後、在庫がないものは届きません」
            「みんな、よくお菓子を買うみたいです」 
            と言うことなので何か読み物をと思い、雑誌を2冊頼んだ 
            すると、本の貸し出しならばしているとのこと
            貸し出しは朝なのだそうだが、古い小説を2冊借りた
            ひとつは、真田幸村と徳川家康の戦乱物
            もうひとつは、江戸後期の素浪人の旅物語
            真田幸村の話は好きなので時間を忘れて、読めた
            素浪人はあまり面白くなかった・・・
     
            6~7時頃 晩飯
            揚げ物 惣菜 漬物 飯 温かいお茶
            折りたたんだ毛布
            ゆっくり食べる・・・ 

            食休み まどろむ 
            
            考え事をするために考え事をする
            
            まどろむ・・・

            するとなにやら、急にラジオの音らしき声が放送された
            ちょっとだけ、お楽しみタイム?
            聞きたくもないが、聞こえてしまい、聴いてしまう・・・

            そんな時間も、30分ほどで終了
            
            しばらくして、就寝の準備
            各部屋ごとに施錠を解き、布団を取りに行き 布団を敷く
            その間に歯磨きを済ませる 身体を拭く奴は 手短に済ませる
            自分のタオルが1本 歯磨きセットが用意されている
            周りを見ながら、要領よく済ませた 
            部屋の真ん中に小さな布団を敷いた・・・

            就寝 30分前ぐらいに 点呼を取りに来る
            部屋の中でキオツケ状態で待ち、各部屋ごとに
            一人ひとり番号を呼ばれる、大きな声で返事をする

            「○号室○○番!」 「はい!」
            「○○番!」    「はい!」・・・・
            「○号室異常なし!」・・・・・

            30分後 消灯  おそらく9時

            ここから、長い夜である・・・

         
            
関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply