FC2ブログ

夢時造-yumejizo-

オヤジ料理人の記憶の記録 夢日記 

Entries

「だもんで、静岡 123」 其の十

もう寄り道はシテられません、
今夜の宿には、夕食の時間をずらしてもらう連絡は入れ、


登呂遺跡をあとにして、

伊豆修善寺温泉、「湯回廊 菊屋」さんへGO!

kikuya.jpg

もう7時を回ってしまいました、、、

優しく案内された、その宿の女性は、
どこか誰かに似ている気がした、、、
きっと過去に好きになった人だろう、、、などと妄想にふけって、、、

そういえば、あの時の人は、、、城南海さんに似ていたなぁ


宿泊手続きが込み合っているらしい、
電話の応対やお部屋案内、
常連からの電話が来たらしく、
またそれで、
忙しくせわしなくも、優しい笑顔で、、、

また、変なこと考えてしまいました、、、(笑)
一目惚れ症候群!
ここでも、夢時造( ´∀` )/

私たちが今日の最後の宿泊客なのか、
大きなフロントで待つ事になって、、、

kikuyahuront.jpg


また電話が、、、、
受け答えからして、
特常連のお客様からの電話らしい、
そのお客様係の女性が指名されたようで、
これから来るらしい、
特常連さんの接待に回されることになった、

私たち家族は、奥の回廊の席へ移動、、、

iitabi.jpg


惚れちゃった案内係の女性は、

「申し訳ございません、こちらでお待ちください」

しばらく待ち、、、、
別の案内係の方が、、、、

やっぱり、交代してしまったか、、、、、

残念に思っているところを、
カミさんには悟られてしまわぬよう(笑)
息子と雑談を交わしたりして、
宿帳はカミさんに○ふり、

出されたお茶と柚子ゼリーは、ほろ苦かった。

失恋した訳でもないのに、、、
ひとときの夢時造でした、

簡単に気を取り直し、
部屋へ案内してもらいました。

通された部屋は、
夏目漱石が使っていた部屋の隣という、

和 けれど、新しさを感じる、

旧さは、手入れの歴史次第で、伝統格式にもなる。

夕飯の時間まで、30分くらい、ほとんど宿泊客は食事中、

息子と風呂へ、貸切風呂へ直行、、、!

湯回廊 菊屋 公式サイト
おでかけ動画マガジン ルトロン


関連記事
スポンサーサイト

*Comment

 

いやだっ惚れちゃったんですか^^
息子がいる前で(笑)

ここいいとどだなぁ(#^.^#)

旅行きたいなぁ
一人で^^

暫く行けそうにないが
旅に行ったブログ記事読むのもまたいいんだよな^^
自分も旅した気分になれる^^

父ちゃんふぁいとっ

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2018.10/04 18:51分 
  • [Edit]

 

いいですね。
素適な旅館に素適な案内係さん。そして借り切りのお風呂。
家族でまったりゆっくり楽しめて、言うことなしですね。

一目 惚れ 症候群、なんとなく分かります。私も案外そうだったり?でも、すぐ忘れるけれど?

旅行ってやっぱりいいもんですね。
  • posted by 愛希穂 
  • URL 
  • 2018.10/04 18:51分 
  • [Edit]

デコさんへ 

いやその、、、照(*ノωノ)

2年前、「モテない男のボヤ騒ぎ」のことを
想い出したもので、、、火遊びはほどほどにです。

それはそれで、いい旅の想い出、

家族旅行もいいですけれど、
私は一人旅が好きですね。

基本スキルに「放浪癖」とも言えますかね、
旅芸人でもフォトグラファーでも、旅行ライターでもない( ´∀` )/けど!

ちょっと憧れちゃうお仕事ですけれどね。

ご訪問&コメントありがとうございました。
も少し、旅レポ続きます。
  • posted by ダリルジョン 
  • URL 
  • 2018.10/06 04:32分 
  • [Edit]

愛希穂さんへ 

> 一目 惚れ 症候群、なんとなく分かります。私も案外そうだったり?でも、すぐ忘れるけれど?

でしょ、分かりますでしょ! (強く同意!)

いいなぁ、素適だなぁ、目があったらどうしよう、
お話したいなぁ、でもドキドキしたらどうしよ、、、、

これで終わっちゃいます、たいていの場合( ´∀` )/

火遊びによる男女のボヤ騒ぎになりますからね(笑)


一番小さい共同体が家族ですから、

知らない場所へ行き初めての経験・体験
同時に一緒に味わえること、、、

いいじゃないですか!

ご訪問&コメントありがとうございました。

ここホントにいい湯でしたよ、
息子のアトピーも和らぎましたし、
あのお湯の成分を自宅で再現したいくらい!!


  • posted by ダリルジョン 
  • URL 
  • 2018.10/06 04:45分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2018.10/10 19:05分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし鍵コメさんへ 

[素敵な旅館]でしたよ、女子に人気があるようで、
30~60代の女性客が結構宿泊していました。

目移りしちゃう(笑)!

古い温泉旅館を上手く改装したんでしょう、
客室から出たところの縁側は、まだこれからなのか、
それともこのままなのか、、
手つかずの庭や軒下など、
古い家屋のむき出しが、尚更にでした。

ご訪問&コメントありがとうございました。


  • posted by ダリルジョン 
  • URL 
  • 2018.10/11 06:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

夢時造へようこそ!!

ご訪問のお印ポチッと押して!

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1994位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
796位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

カウンター

現在の閲覧者数: