FC2ブログ

ANGEL-A / アンジェラ





リュック・ベッソンが約6年ぶりに監督を務めた壮大なラブストーリー。
人生を諦めかけた男が、ある不思議な美女に出会ったことで、愛と人生について再認識していく物語。
主演はフランスの人気コメディアンのジャメル・ドゥブースと、
彼を魅了する謎の美女アンジェラにスーパーモデルのリー・ラスムッセンがふんする。
全編白黒で撮影された映像が、パリの町並みをより美しく幻想的に描き出している。 ーyahoo映画より

監督 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン
製作 リュック・ベッソン
出演 ジャメル・ドゥブーズ リー・ラスムッセン
音楽 アンニャ・ガルバレク
公開 2005年12月21日
日本 2006年5月13日



アンドレ、ジョージマイケルの偽物みたいなこいつ
なんか、どうしようもないくらいへなちょこ、

マフィアの取立て屋に追われる、彼に与えられた猶予は48時間

angal-a.jpg

金策に次ぐ金策、、、
絶望の淵に沈む彼は自ら命を絶とうとセーヌ川に架かる橋の欄干に上がった、そのとき「彼女」はあらわれた
彼女も自殺しようとしていた、、、先に彼女に飛び込まれてしまった、
慌てて、彼女を助けるアンドレ、

angal-a2jpg.jpg

見上げるほどの長身に金髪の絶世の美女、「あなたに未来を与えるためにきた」と告げる、アンジェラ

彼女は突然、大金を用意出来たり、一撃でマフィアをなぎ倒すなど、
アンドレを絶体絶命のピンチから次々と救い出してくれる、

angal-a3jpg.jpg

「自分を好きなり、愛してあげなさい」と説くアンジェラ

angal-a4jpg.jpg

このシーンですべてが始まり終わってしまう、、、その真実
彼女は一体何者なのか、、、


フランス映画らしい、てっいうのですかね、
少しエキセントリック、お洒落、スカしたところ、、、ん~

モノクロ映像であるからしてそう観えたのか、、、
もし、カラー映像であたったら、きっとただのB級作品、
特に最後のシーンともなると尚更、
日本の特撮シリーズ顔負けのエンディングテーマとなっています、

私の感想ですが、エンディングは、

2人が別れなければならない、、、けれども、別れたくない、、、
アンジェラがこの世を去ってしまった後、、、
アンドレのもとには、、、彼女そっくりの天使のような人に偶然出会う、、、

そんなエンディングを求めてしまいました、、、

これだけ書くと、褒めてんのか、コケオロシ…だかでしょうが、

とってもいいお話です、

自分を見つめ直したくなる、、、、



アンジェラ (字幕版) 2005 Amazonプライムで無料配信中!
関連記事
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/13 (Fri) 01:02 | 編集 | 返信 |   
ダリルジョン
ダリルジョン  
Re: タイトルなし鍵コメさんへ

私は、逆に運動が出来ない有様、
あまり太らない体質もあるけれど、
一日に一食という、お仕事状態には、
老化を速めている、危険しか思いつきません、、、

メリハリあって、清々しい仕事憧れます。

この映画の様な、天使が私のもとへ現れてくれないかなぁ~

手をつないで、お散歩、
手をつないで、映画、、、それから、それから、その先、、、

なんでもしちゃうのに、

2018/07/13 (Fri) 04:19 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ