FC2ブログ

うつ病にしてしまった人事・13

誰かに相談して
すっきりしたかった

職場の直属の上司には
この飲酒問題の件はスタッフ全員の問題として
各スタッフ全員がどのように考えているのかを確認し
コンプライアンスのことも含めて相談した

コンプライアンスセンターに電話一本で終わってしまうことがないことを願うばかり

現場の上長として当然の処理を済ませた
と思う…

ただ、私自身の不安不満は何も軽減できないまま…

やっぱり、誰かに相談しなければ

私が壊れてしまいそうだった…

相談相手に、一人思い当たる人がいる!

一昨年前リストラ騒動のおりに、早期退職に志願して
その退職金で喫茶店をオープンした彼だ

彼ならもう社外の人間だし
30年ぐらい前にこの先輩と一緒の職場にいたと言っていた…

この先輩より一つ年上と聞いていた

彼ならばこの事業所のことをよく解るだろう
現在、残っているメンバーのことも全員知っている

私は彼の携帯にメールした
その喫茶店には開店早々に伺ったが
その時は
御祝いも持たないで行ってしまった失礼な男に
お土産付きで持て成してくれた…

仲間思いの気のイイおじさん

あれから、早一年ぐらい経つだろうか、
経営者として上手くやっているだろうか…

14時過ぎなら、店も落ち着くので、ゆっくり話ができると言ってくれた…

今回はデパ地下のバームクーヘンを手土産に伺った

久しぶりに会った彼は
元気そうだった
喫茶店のマスターになろうと素の彼の優しさを少し演じている様だった

奥さんと息子の3人で切り盛りしている…

その息子さんには少しの間内の事業所の手伝いをしていたこともあり
親子共々、私のことも良くも悪くもご存知

オープン当初は休みも取らず、起動に乗せたらしい…
いろんな意味でデータ集計とデータ分析だったのだろう

一週間の動員数や曜日別
ドリンクと料理の作業工程や手順
1日の流れなどなど…

一年が経ち、やっと定休日を決め、
営業時間も定まりつつあるらしいことも言っていたけれども、
去年の暮れに温浴施設へ、家族で行ったところ、脱衣所でぶっ倒れたらしい!

ここまで頑張って休みも取らず、一緒にやってきた家族に
ちょっとしたボーナスのつもりだったけど
素っ裸で気を失い、
自分の「棒茄子」が全開してしまった!?

ロッカールームの近くにいた人が従業員を呼び、
救急車を呼び、

奥さんが脱衣所に駆け付け声を掛けたら

「ここは男湯だ~速く出て行け!!」
と言って奥さんをたじろがせ追い出したそうです…
けれども救急車に連れて行かれ
そして、また気を失ったそうです…
もう57歳になるだろうか…「無理は禁物ですね!」

なんて話をしながら、
奥さんの入れた美味しいコーヒーを飲み干したころに切り出してみた…

手短に伝えた…

あなたが退職した後、滅茶苦茶な人事でした…と

すると…

「イヤ~息子と話してたんですよ」

と言われた…

何か事情を知っている様だった…

内の事業所のスタッフが時々、プライベート仲間達と訪れているらしい…

それにあの、うつ病になり無事にリハビリし
職場復帰した元No.2の男も一度だけ、顔を出したらしい…

その時の彼は職場復帰後間もない頃で元気が無く、
大分落ち込んでいたらしい…

優しく、叱咤激励で送り出したと言っていた…

私は現在の元No.2の状態を伝えた

「うつ病の症状も大分収まりつつあるし、
今のこの事業所の状態では、彼が一番まともに見える」と…


追記ー中年男の名言…?


関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:1
  • Trackback:0

Comments 1

There are no comments yet.
ひでおくん  

Re: うつ病にしてしまった人事・13

いつもご訪問ありがとうございます。
このシリーズも13回目ですか・・・
結構パワーいりますよね。
お疲れでませんようにして下さい。
悩み事が吹き飛ぶ体験をまたお伝え
しますので、お楽しみに(^ ^)

2011/05/20 (Fri) 14:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply