FC2ブログ

夢時造-yumejizo-

オヤジ料理人の記憶の記録 夢日記 

Entries

「甲斐の国 NAGANO - 松本城から攻め落とすか!」 其の十」

松代城を後にしたのは、2:00ぐらい、

カミさんが行けたら、時間があったら、、、、なんて消極的な、
一生のうちに行けることがあるかないか、だから行くことに予定してしまいました。

そこは、江戸時代、戦国時代よりももっとさかのぼる場所へ、、、、

DSC_0297.jpg

なにこれ?   ですよね、
行きながら、何やら雲行きが怪しくなってきまして、
暗い画像になってしまいました。

こちらの画像で、どうですかね?

kohun.jpg
森将軍塚古墳より

そう古墳ですよ!!

森将軍塚古墳(Wikipediaより)

長野県千曲市(旧更埴市)大字森字大穴山に所在する本古墳は、
長野県で最大となる全長100メートルに及ぶ前方後円墳である。
曲がった尾根上に築造されたことによって左右対称ではなく、後円部が楕円形に近い。
墳丘は葺石で覆われ、三重の埴輪列のほか、墳頂には形象埴輪が配されていた。規模は以下の通り。
墳丘長:約100メートル
前方部
長さ:約40メートル
幅:約30メートル
高さ:約4メートル
後円部
直径:約45メートル
高さ:約4メートル

所属 埴科古墳群
所在地 長野県千曲市大字森字大穴山
位置 北緯36度31分52.86秒
東経138度08分14.02秒座標: 北緯36度31分52.86秒 東経138度08分14.02秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長約100m
築造年代 4世紀中頃
埋葬施設 竪穴式石室
被葬者 不明
出土品 鏡片・埴輪棺・鉄剣等
指定文化財 国の史跡「森将軍塚古墳」(「埴科古墳群」に包含)
特記事項 長野県第1位の規模

ここにいくまでの山道が、「もう大変」でしたよ。

DSC_0294_convert_20170905053701.jpg

息子の後ろから、ついていく、、、、
カミさんは、喜び、勇んで、、、、、、遥か先を登っています。

kohun2.jpg

こんな山道を、20分ほど、、、、、
途中で、近道と書いてあった矢印にだまされてさらに急な階段、、、、でした、

DSC_0298.jpg

階段を登りきると、、、、

科野が一望できる高さでした。

登りつめると同時に、、、。。。。。雨。。。

マジですか、この山の中を雨です。

koudoukan2.jpg
資料画像

たしか、麓の科野の里歴史公園 森将軍塚古墳館にバス停らしきものがあった、
古墳山頂までのバスが出ているらしい、、、、
古墳周辺に、バスの案内が書いてあった。
少し下ったところに、小さな屋根付きのバス停、発見!

時刻表を見るまでもなく、「御用の方はこちらへ電話してください」のこと、

雨は次第に、本降り、
山の雨は、火照った熱い体には、冷たすぎました。

カミさんが公園の事務所に連絡を入れるてから、、、、10分

くねくねの自動車道をマイクロバスが上がってきた!

またもやバスに救われました(笑)!

古墳館では、現地では見ることができない森将軍塚古墳の竪穴式石室や、
出土した副葬品・埴輪などを、実物や模型・映像によって展示しています。

この石室の復元は迫力の圧巻でした。

日本最大級の古墳お出迎えは、三人に潤いをもたらせてくれました?

kohun3.jpg

皆さん、途中でお気付きになったであろうか?

前回の善光寺参りでの出来事(ハプニング)の
続きがあることが証明している画像があります。

答えは、、、、次回、、、、( ´∀` )/

また息子が、やってくれました!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.09/06 02:42分 
  • [Edit]

ま、まさか・・??笑 

ダリルジョンさん、おはようございます。
奥さまも歴史がお好きな方だったんですね!
息子くんが歴史好きなのは、ご両親からの遺伝なのですね・・さすが!!です。

あれあれ??
息子くん・・サンダルが良い感じ!と思って目線を頭に移していきますと・・・
何かが足りないような・・?

も、もしかして・・まさか・・??
  • posted by earth*angels* 
  • URL 
  • 2017.09/06 04:23分 
  • [Edit]

Re: ま、まさか・・??笑 


> も、もしかして・・まさか・・??

そうです、お気づきの通り!
この前の「松代城」では、一緒に写っていますですよ(笑)
おそらく、「麦とろ御飯」の店か、
この山道の途中でしょうね。

ご訪問&コメントありがとうございます❤
  • posted by ダリルジョン 
  • URL 
  • 2017.09/06 11:47分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし鍵コメさんへ 

いつもご訪問&コメントありがとうございます❤

向う側の太陽は、古墳を作る時代から、
ズーッと私達を照らしてくれている、
今、こちらから見る私達は、
埴輪の影の向う側の太陽に、
何が見えるのか?

この時は、天候が悪く、
こんな夕焼けは、拝めませんでしたが、
画像検索で素敵な一枚がありましたので、
拝借させて頂きました。
  • posted by ダリルジョン 
  • URL 
  • 2017.09/06 11:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

夢時造へようこそ!!

ご訪問のお印ポチッと押して!

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
906位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー