FC2ブログ

永久終身雇用伝説の終わり・23「ショートドラマを…」

「永久終身雇用伝説」…

ちょっと、憧れていた
60歳で定年、退職…

  ドラマのひとこまではないが、、、



20○○年3月15日

退職日の朝

いつもの朝

玄関には、磨き込まれた革靴が揃えてある

私「じゃあ、いってくる…」

揃えられた革靴に足を通すと同時に靴べらを渡される

履き込んだ革靴には靴べらは
もう必要なくなっていたが

いつもの朝…

妻に靴べら渡す…
 それを受け取り
  カバンを渡してくれる…

そんな、いつもの朝…

玄関の扉を開けると
 雀の声と一緒に射し込む朝日、新しい空気

妻「いってらっしゃい…」 

 夫「いってきます…」

  妻「……」

定年退職の最後の日

いつもの朝…

最寄りの駅まで歩く…

毎朝、同じ人とすれ違い、
 改札を抜けてホームに、
  後ろから三両目の二番目の場所に並ぶ

いつもの場所に

  …この時間のここに並ぶことも今日で最後だな…

同じ鉄道会社だが、二回乗り換えて、一時間…

いつもの時間に出社

この部所に来てから十数年
  自分のデスクに着く…

前の部所では、自分のデスクに着くなり…

「おはようございます」と声をかけられ、お茶をいれてくれた…

給湯室の隣にセルフドリンクコーナーが設けられてから
 お茶汲みOLはいなくなった…

退職日に仕事らしき仕事はない
取引先には先週のうちに、挨拶はしておいた…

この部所で送別会をしてくれたのは
先週の金曜日…
二次会まで行ったが、
 酒に酔うことはなかった

今日は定時までデスクとロッカーの片付け
昼食後の休み時間に、隣の部所や知り合いに挨拶して回ろう…

そう決めていた…

同じ部所の二人の後輩が
「おはようございます、今日で最後ですね、お疲れ様でした…」と
 声をかけて来た

社交辞令とはわかっているが、うれしいものだ…

この二人は、私が部長として赴任してきた時、
 係長のお二人…

彼らは来年結婚することになっている
同期の入社でお互いにライバルだったが、
仕事でもプライベートでも気が合うらしく、
一緒になることにしたらしい。

私が57歳で役職が外された時に
彼らが交際中であることがわかった
その時の内輪のご苦労様会をしてくれた時に
結婚する時の仲人を頼まれた…

私は遠慮なく、辞退した…


私と入れ替えで入る
今度くる新しい部長はエリート
若くして、この部の部長…
おそらくこの部にいるのは、任期二年位だろう
次の主軸の部の部長が待っている

この部の新しい部長が仲人にふさわしいと…

まだ40代の部長は仲人の経験はない
ハクをつけて、エリート部の部長に昇進していただくほうが、
いろんな意味で、丸く収まる …それがサラリーマン


彼はエリートであることが
自分であまり気付いていない、
常に部の者に気を使う
小心者ではなく、優しい

そう思った…

前部長の私に仕事をよく聞きに来た
最初は、先輩の私に気使いで聞いているのかと思った…

しばらくそうしていた…
こちらもそのフリをしてた…

しかし、そうではないらしい
今までの仕事を全て知りたいことがわかった!

この部所の今まで…
そして、これから…
それを知りたいことがわかった…

決定権のある上司
ある部分を全て把握したら、
次の部分
関連性のあることがわかったところで、
新しい取り決め、方法を業務命令として指示を発する!

「こいつ…!」
  …なかなかできる…

昇進して、社のために働くことはない
起業して、
成功して欲しい…

…こんな上司が、俺の若い頃の上司だったら…
  なんて思った…

サラリーマンの職制、運命はそういうものだ

ということで仲人は辞退した



「おめでとう!今度ゆっくり新居にお邪魔するよ!」

なにやら、照れくさそうにしながら、二人は自分のデスクへ戻って行った…


春先の夕暮れはまだ早い…
太陽が西に傾きかけて来た
帰宅途中の電車の車窓から、
そろそろ桃色の匂いのする橙色の街並みを眺めながら

「終わった」…と

  呟きそうになった…

改札を抜けて、何気に定期券を見る…

あと半月の有効期限だった…

お気楽なことを思いついたりする…

いつも車窓から見える公園に行ってみようか…なんて…

これからの予定なんて全くない

妻より、早く起きて子供が寝静まった頃に帰宅の毎日だった…

そんな、サラリーマン人生だった…


駅から自宅までの道のり…
このまま帰ることが、もったいない様な
夕陽の射し込む玄関を早く開けてみたい様な

この先、座る場所が見つからない…と思ってみたりする…


ただ、
 ただ、家まで歩いて…


玄関のドアノブに手をかけた…

妻の

「お帰りなさい、お疲れ様でした」を

  聞きたいから…


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply