FC2ブログ

永久終身雇用伝説の終わり・21

宴会メニューは、考えないでいいので、
冬のおすすめメニューは、すぐに仕上がる
去年やったメニューでヒットしたものは覚えている
そのメニューを今年のバージョンに仕上げる

その他は、旬の物…
野菜、魚、これらの逸品料理
あと冬になるから、暖かい料理、鍋、煮込み…

これらを食材別、業者、原価、売値、原価率、仕入れ、仕込み、
メニュー名、単品のオペレーションと全体のオペレーション…
のフィルターを通して出来上がり

もしかしたら、料理長として最後のメニューかもしれない…


それより、外注業者が厄介だ

どこまで、おまかせできるのか…

つまり…

私達社員とパートアルバイト達はそのまま、
同じスタッフで年末年始のレストラン営業スタイルをとる

宴会業務はやらないが、
どこまで、ヤルのかヤラナイのか…

外注業者はケータリングスタイルと言ったいたが、
どこまでケータリングスタイルなのか…


外部で完全調理した料理を提供するだけだろうか?

それとも、一時加工品を持ってきて、仕上げは現場でヤルのか?

となると、調理器具や水はどうするのか?

宴会の時だけ調理場を貸してあげなければ、ならないのか?

調理の手伝いは必要ないと思うが、
仕上がった料理の提供やサービスは、誰がヤルのか?

自店のスタッフがヘルプするのか?

宴会場のセッティングは、片付けは、洗い場は?

細かいところが、とても気になる

よくある、よく聞く
ケータリングスタイルの業者は
パーティー会場に、車で乗り付け、
配膳スタッフ、調理スタッフ手分けしてセッティング
ケースによって、オープンキッチンスタイルで
ツーオーダーの屋台村バイキングまでヤリ…
片付けは、食器をそのまま持ち帰り、
宴会終了

おそらく、こういった業者だと思うが、

アホな会社だから、
どのような形の契約になるかは、
開けて見ないとわからない…

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply