FC2ブログ

永久終身雇用伝説の終わり・13

入社して20年以上になる…

若い頃は料理長になることが夢だった修行中

30代の頃になると料理うんぬんより、
会社の構造やシステムに対する不満やジレンマがこみ上げ
「俺が頭になったら…!」なんて彼女(今のカミサン)にほざいていた

40才になってその夢はかなって、
料理長として辞令をいただいた…

四十にして立った。

で…
長として、職場を管理することの孤独を知った

サラリーマンに限らず、長になることを嫌う者もいる
性格にもよるが、二番手ぐらいがイイという者がいる
一番になると
やれ管理だ責任だ
あげくの果てに会議だの営業、接待…

二三番手ぐらいで、
気楽に立ち回る方がイイかもしれない
私に言わせれば、ズルイ奴としか思えないが

悪い奴だと裏ボスになって
かき回す奴もいるらしい…
幸いそういう目には会わなかったが

人の出入りの多い職場だった

私の職場を赤裸々に綴った
2年前ぐらいに記事にした
「うつ病にしてしまった人事」シリーズでもその部分はわかると思う

この事業所に配属して8年目、
私を残して、全員が入れ変わってしまった…

いろんな職人に出会えたけど、一緒に長くやっていくことはできなかった

それでも、強く感じた人達には、
別れても好きな人で
今もお付き合いさせていただいてます…

そんな別れても好きな人の一人が
前回のリストラで脱サラして喫茶店経営してしまった人

今度、アドバイスを承りに話したいと思っています…

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking



関連記事
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ