FC2ブログ

でっ アレから、、、お医者さんてさ~?

息子の右小指は、順調なのかな?
若さも手伝って治りも早いようだ、
先日、抜糸してもらい少し腫れがあるものの、
あとはテーピングで補整でいいそうだ、

先日、抜糸のあと腫れがあるので日曜日に受診したところ、
主治医はお休みだし、
別の整形外科の先生はオペ中ダシ!
相変わらず待たされ、
何故か、乳腺・内分泌科の医長先生が診てくれて、
決定権がないのか、ヘタに処置出来ないのか、何の治療をするでもなく、
レントゲンまでまた撮り、、、そしてまた待ちくたびれて、
これまでの経緯がカルテでは解らないからなぁとか、
明日の午前中に整形外科の予約しますか? とか、

明日の月曜日は、私は仕事なので、
妻に聞いてみないと予約をお願いできるか、
予定が取れるか分からないですね、と伝えると、

それは、そちらの都合ですからみたいなことを言い出して、
もし今夜、腫れがひどくなり痛みが我慢できなくて、
予約なしで来られても、すぐ診ることは出来ないですよ、
とか言い出したり、

なんだこいつ、俺は担当医じゃねぇからわかんねぇしオーラ全開じゃねぇか?!

だったら最初から、、
本日はあなたの担当医、また整形外科医はいないので、
別の先生が診ることになるけれども、宜しいか?  
ぐらい受付の時点でわからねぇのかよ!

ただただ、ヘリポート付きの救急外来と入院治療専門の病院ってのも、良し悪しかな?


以下は、ある総合病院の救急受診の案内

夜間・休日に救急外来を受診される方へ
当院では、事故等によりケガを負った方や体調が急変した方を受け入れるために、
救急外来を夜間・休日に24時間体制で開いております。
救急医療を円滑に行うため、何日も前から症状が出ている方については、
平日の外来診療時間に受診してください。

診察をお待ちいただく事があります
診察の順番は、状態によって決まり、重症度の高い方が優先されます。
そのため、状況によっては待ち時間が長くなることがあります。

夜間・休日では、充分な検査を受けられない場合があります
救急外来では当番医師が診察しております。
専門的な医師による検査や診察をご希望される方は、平日の外来診察時間内の受診をお勧めします。

お薬は最低限の処方となります
夜間・休日の処方は応急処置のため、原則として1日分の薬しか出ません。
翌日の専門科の受診を勧められた方は、必ず受診されるようお願いいたします。

時間外診療は、あくまでも緊急事態に備えるもので、単に時間外も診療する場ではありません。
平日の診療時間内が受診の条件としてはいちばん適しています。
救急医療を円滑に行うため、皆様のご協力・ご理解をお願いいたします。

要は、
救急外来を夜間・休日に24時間体制
事故等によりケガを負った方や体調が急変した方を受け入れる
救急医療を円滑に行うため、平日の外来診療時間に受診してほしい

ということなので、開いててよかったという受診は控えたほうがいいでしょう。
待たされた挙句、何の治療もないまま、
翌日の予約をとるために来たようなものですから、

そもそも、怪我をしたのは丁度お昼前、授業の4時間目の終わり
この病院を選んだわけではなく、平日でも一般的に午前と午後の診察で
お昼休みがあるから、ここしか開いていなかったわけで、
学校側が速く連れて行った方がいいと判断で、救急指定で予約してくれたんですけれど、

患者をたらい回しとまでは言いませんが、自分の手元から適切な人へ
渡したいだけだと思うんですけれど、どうもねぇ

何か違うかな、、、もうちょっと良くならないかな?

今自分で判断しろって言っても、判断できない状態ならばどうだろう、
自宅の近くの病院がイイとか言っている場合じゃないでしょう、

救急車でさえたらい回しになると聞いてびっくりな世の中、

私が当事者なら、怪我した人であったら、とりあえず早くこの痛みを何とかしてくれっ! と
誰でも思うだろう、

もっと救急・緊急の医療はこのことだけに特化でもいいのではないだろうか?

どこの地域でも救急医療システムはあるのでしょうが、
結局は、ただの病院案内でしかない

事故等によりケガを負った方や体調が急変した方を受け入れ
緊急・救急外来を夜間・休日に24時間体制、、、ここだけを特化

救急車の様な救急医療システムがあればいいのかなと思う、
まずその地域の緊急救急治療が必要な人はそこへ連絡、受診
救急治療した後、患者の状態を診てその後の対応、
話し合いの元に適切に患者の住まいの地域かかりつけの病院への
転院または搬送を行う、ここがポイント

これが出来れば、デカイ大学病院で小回りの利かないことをお願いしなくて済むし、
自分の最寄りの病院の方が近くて安心通いやすい、

福祉介護の現状もそうです、
お金がなけりゃ真面な医療が受けられないというのもおかしいし、
私の施設は凄いでしょ!、先端医療機器もそろっているんです!、
そんな自慢めいた病院ほど藪医者が多いし、患者を研究材料や金づると視ているところが多い、

もちろん、素晴らしい先生もいらっしゃると思います、実際いる。


だれが主役主人公では無く、誰のための医療なのか考えてもらいたい。

anpanmannclinik.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ